プラセンタを取るとコレステロールの数値はどうなる?

女性は40代くらいからコレステロールの数値が上がるため、健康診断などで悪い評価になってびっくりしてしまうことも多いものです

なんとなくコレステロールと聞くとすごく悪い物のように感じますが、実際どんなものかご存知でしょうか。

 

 

そしてプラセンタを使うことで、コレステロール値はどんな風に変わるのでしょう。プラセンタに含まれる3つの作用からご説明していきますね。

 

 

コレステロール値とは

 

 

コレステロール値には悪玉コレステロールと善玉コレステロールの2種類があります。悪玉コレステロールの数値が低ければ低いほど良い、というものでもないんですよ。

 

 

悪玉コレステロールと善玉コレステロールの違い

 

 

悪玉コレステロールとは血液中にある脂質を体のすみずみまで届ける役割を持っています。

 

 

善玉コレステロールはその反対で、体の中に余った脂質があった時に、回収してくる役割を持っているんですよ。

 

 

つまり悪玉コレステロールも、無くなってしまうと体にとって必要な脂質を届けることができなくなるので、適切な量が血液中にあることが大切なんですね。

 

 

悪玉コレステロールの数値は70〜139、善玉コレステロールは40〜70、2つを足した総コレステロールは120〜220であれば正常です。

 

 

悪玉コレステロールが体に悪い理由

 

 

悪玉コレステロールが増えすぎると体に悪いと言われるのは、血管が詰まる動脈硬化という症状を引き起こす可能性があるからなんです。

 

 

私たちがスイーツや白いご飯、パンなどをたくさん食べると体の中に糖質が取り込まれます。すると血液中の血糖値が一気に上がるのです。

 

 

糖はそのままにしておくと血管を傷つける原因となってしまうので、体としてはなんとか対処しなければなりません。

 

 

インスリンを出すことで血糖値を下げようとしたり、傷ついてしまった血管を修復するために悪玉コレステロールを向かわせたりします。

 

 

悪玉コレステロールは血管を治してくれるとてもありがたい成分なのですが、問題は繰り返し血管が傷ついた場合なんですね。

 

 

何度も血管が傷つくと、悪玉コレステロールは何度でも血管を修復するためにやってきます。この悪玉コレステロールは、体の中の活性酸素と結びついて酸化してしまうことがあるんです。

 

 

活性酸素と結びついた悪玉コレステロールは体にとって良くないものとみなされ、体の免疫であるマクロファージがこれを取り除こうとします。

 

 

マクロファージが酸化した悪玉コレステロールを食べ過ぎると、泡沫細胞という物質になって血管にへばりつきます。

 

 

泡沫細胞は放っておくと、破裂して血管を傷つけてしまうんです。破裂したところを守るために血小板がやってきてかさぶたになります。

 

 

このかさぶたが増えすぎた状態が、動脈硬化と呼ばれるわけなんですね。

 

 

コレステロールの数値を下げるプラセンタの3つの作用とは

 

 

悪玉コレステロールが増えすぎて活性酸素と結びつくと動脈硬化になってしまうので、できればコレステロールの数値は下げておきたいところです。

 

 

プラセンタは3つの作用で、コレステロールの数値を下げたり、増えたコレステロールが悪さをしないようにしてくれたりする働きがあるんですよ。

 

 

プラセンタの女性ホルモン調節作用

 

 

プラセンタに含まれる成長因子は、ホルモンを作る器官に働きかけてホルモンバランスを整えることができます。

 

 

女性ホルモンは30歳前後をピークに、どんどん減ってしまいます。プラセンタを摂取すれば減少してしまった女性ホルモンのエストロゲンのバランスを整えてくれるというわけですね。

 

 

エストロゲンは悪玉コレステロールを肝臓で取り込み、代謝させるという働きを持っています。つまり悪玉コレステロールを減らしてくれるというわけなんです。

 

 

プラセンタの血を作る作用

 

 

プラセンタは血を作るための細胞である造血幹細胞を増やす働きがあります。

 

 

コレステロールが増えすぎてドロドロになってしまった血液を、新しい血液に作り変えてくれるというわけなんですね。

 

 

プラセンタの抗酸化作用

 

 

プラセンタとは胎盤のことです。胎盤はお腹の赤ちゃんに栄養を届ける役割を持っている他にも、赤ちゃんを活性酸素から守るという役割も持っています。

 

 

活性酸素が増えすぎてしまうと、血管だけでなく周りにあるものをなんでも攻撃して酸化させてしまうんです。

 

 

お腹の赤ちゃんみたいに弱い存在が、活性酸素に攻撃されてしまうと大変ですよね。そのためプラセンタは抗酸化作用を持っていて、活性酸素を水に変えて無害化することができます。

 

 

そのためプラセンタを摂取すると、抗酸化作用も手に入れることができるんですよ。

 

 

まとめ

 

 

コレステロール自体は悪いものではありませんが、活性酸素と結びつくと動脈硬化などの原因になってしまうこともあります。

 

 

プラセンタには、女性ホルモンを分泌させてコレステロール値を調整し、コレステロールでドロドロになった血液を新しく作り、コレステロールを酸化させないようにする効果があります。

 

 

これら3つの効果でコレステロール値を下げたり、増えたコレステロールが体に悪影響を及ぼさないようにしてくれるんですね。

 

 

このようにプラセンタがコレステロール値を上げることはなく、むしろ下げるので、コレステロール値が気になる方も安心して摂取してください。



トップページはこちら!


 

プラセンタを取るとコレステロールの数値はどうなる?関連ページ

馬プラセンタと豚プラセンタの違いって?
馬プラセンタと豚プラセンタの違いをふまえて、馬プラセンタの価値が高い理由を初心者の方にもわかりやすく紹介します。
プラセンタの美肌効果
美容や健康にいいプラセンタ。カサカサしたりくすんだりしたお肌にどんな効果があるのかまとめました。
馬プラセンタサプリは男性にも効果があります
美容や健康にいいプラセンタサプリは男性にももちろん効果があります。男性の更年期の体調の崩れ などにも、おすすめです。
馬プラセンタサプリがアトピーや花粉症に効果あり?
馬プラセンタは美容や健康に良いのですがアトピーやかフッbしょうといったアレルギーにも効果があるんですよ。
馬プラセンタサプリで便秘改善するっていいますけど
馬プラセンタで便秘改善するという話。中には、便秘になったという人も、真偽の程はどうなのか検証した記事です。
体調不良、免疫力低下には馬プラセンタサプリが効果的
お肌をつるつるにする方法!プラセンタの効果
プラセンタの効果は必須アミノ酸が支えている!?
40代OLです、馬プラセンタを飲み始めてからそれまでやつれ気味だったお肌がつるつるすべすべになりました。プラセンタには必須アミノ酸が豊富に含まれますが、その役割とは何かを考察してみました。
プラセンタでニキビ跡を治すことはできる?
プラセンタには美肌効果があります、シミやくすみを消すことができるのはもちろん、ニキビや吹き出物の跡も綺麗に治すことができるんです。プラセンタの効果には・・・・・・・・・
プラセンタにダイエット効果はあるの?太らないって本当?
プラセンタにはダイエット効果がああるのか?プラセンタというと美容のために摂取する人が多くアンチエイジングにも効果があります、お肌もツルツルになりますしね。でもダイエットに役立つかというと・・・・・
プラセンタはウイルス性肝炎にも効果がある?
プラセンタには肝機能改善に効果的と言われています。その理由はプラセンタに含まれる「成長因子」にあります、成長因子はダメージを受けた肝細胞を活性化して修復してくれます。慢性肝疾患の治療薬にも・・・・・
馬プラセンタサプリのアミノ酸効果とは美容に健康に抜群です
免疫力をサプリで効果的に上げるにはどんなものがいいの?
免疫力を高くすることは健康のため、病気にやウイルスに抵抗する力をつける上でも非常に大事。サプリメントの中にも免疫力に効果的なものがありますが、どんな種類のサプリが免疫力を高めてくれるのか・・・・
プラセンタサプリのバストアップ効果 胸が大きくなる!?
バストアップさせる為には体操でバストのたるみを防止するものがあります。でも、体操を続けることは大変ですし、筋肉が付きすぎて女性らしさが無くなってしまうことがあります。それでは、女性らしくバストアップできる方法はどんな方法があるでしょうか。
プラセンタの豊富な栄養素はうつ病などの精神疾患にも効果がある?
馬プラセンタサプリを飲むとよく眠れるようになる2つの理由とは
プラセンタがインスリンの働きを活性化させる3つの理由とは?
紫外線が引き起こす肌トラブルには馬プラセンタが効果的!
馬プラセンタサプリの4つの貧血解消効果とは?
馬プラセンタを摂取すると肝機能が改善するんですよ!